SDGsをビジネスに組み込むなら【企業のためのSDGs大全】 » SDGsのコンサルティングを行っている主な会社一覧 » 株式会社Drop

株式会社Drop

株式会社Dropは、企業がSDGsを導入する上でのコンサルティング、研修を中心に、新規企業の創出、Webサイトの制作、アプリの制作・運営を行なっている企業です。

SDGsの目標達成を目指し、学習塾事業や、メディアサイト「SDGs media」も運営中。

Drop
引用元HP:株式会社Drop
https://drop.ne.jp/

株式会社Dropの特徴

伴走型コンサルティングで、SDGs導入を推進

株式会社Dropが提供するSDGsコンサルティングは、伴走支援型。あくまでSDGsに取り組むのはクライアントであり、Dropはそのサポートをするという体制です。

クライアントが自ら考え、実践できるようなプランを、クライアントの現在の立ち位置や目的ごとに用意しています。

公式HPには、各プランごとに明確な期間とロードマップ、費用が提示されており、詳細については資料を請求できます。また、クライアントの状況や目的に合わせたカスタマイズにも、柔軟に対応します。

クライアントの現状に合わせたプランを提案

株式会社Dropは、国連が定義する「SDG Compass」をもとにコンサルティングを4つのプランに分けて提供(※)。お客様それぞれの抱える課題に合わせ、カスタマイズした内容でコンサルティングを行います。

また、株式会社Dropのプランは以下の通りになります。

※参照元:United Nations[PDF](https://sdgcompass.org/wp-content/uploads/2016/04/SDG_Compass_Japanese.pdf)

SDGsのコンサルを行う
おすすめ企業3選を見てみる

株式会社Dropのコンサル事例(口コミ)紹介

Slackを利用したやりとりで、サステナビリティポリシーをスピード策定

日本テレビホールディングス株式会社より、「本質的なSDGsを推し進めるために、マテリアリティや成果目標を含んだサステナビリティポリシーを策定したい」という要望のもと、コンサルティングを実施。

期間にゆとりがなかったため、ミーティングを週に一度のペースで開催、コミュニケーションツールSlackでやりとりを行う。日常業務と並行しながらの推進業務だったが、社内での議論や承認フローがスムーズに進み、3ヶ月という短期間でポリシーを策定することができた。

プロジェクト全体を担い、クライアントとの伴走を継続中

情報・通信業のインフォコム株式会社より、SDGsの専門的な部分のサポート、KPIやKGI管理の情報設計からデザイン・開発、最終製品と事業展開のプロジェクトまでを担う。

膨大にあった情報をまとめながら、スピードの求められるデザインや開発にも柔軟に対応した。認識のすり合わせ、課題、コンセプトの深掘りなどを定例会議で行い、プロジェクトを進行、プロトタイプをリリースした。

リリース後も改善、クライアントに寄せられる相談に対しての対応、共同のセミナーも行っている。現在も、製品版に関わるコンサルティングを継続中。

株式会社Dropの会社概要

会社名 株式会社Drop(Drop Inc.)
電話番号 公式HPに記載がありませんでした。
所在地 大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 8階 WeWork
設立年 2019年
公式HP URL https://drop.ne.jp/

SDGsのコンサルを行う
おすすめ企業3選を見てみる