SDGsをビジネスに組み込むなら【企業のためのSDGs大全】 » 【SDGs×ビジネス】今、企業が知るべき基礎知識 » ESG投資

ESG投資

SDGsとの関連性が深いESG投資は、大手だけでなく中小企業も意識すべきものです。ここではESG投資とはどのような投資なのか、中小企業・ベンチャー企業が意識を向けるべき理由など、知っておきたい情報をまとめてみました。

ESGの概要

ESGとは、持続可能な世界や、企業の長期的な成長を実現するために必要な以下の3つの観点のこと。それぞれの頭文字をとってESGと呼称されています。それぞれの観点の概要は以下の通りです。

世界で進むESG投資

ESG投資とは、ESGに配慮した取り組みを行っている企業への投資です。

従来の投資家は、企業の利益・株価・財務諸表といったデータをもとに投資を行ってきましたが、近年では企業のESG経営への評価も重要な要素となってきています。つまり、顕在化する社会課題に対して何の取り組みも見せていない企業は、投資家から「企業価値毀損のリスクがある」とみなされる傾向にあるということ。

世界的にESG投資が進んでいる今、企業が長期的に成長していくためには、ESGに配慮した取り組みが不可欠となりつつあるのです。

中小・ベンチャーこそESGへの意識を

資金調達の面

ESG経営を進めると、「利益の追及だけでなく、社会的価値の創造に取り組んでいる企業」としてブランドイメージがアップします。

これによって得られるメリットのひとつが資金調達です。先にも述べた通り、現在の投資家・金融機関はESG投資を重視する傾向にあります。つまり、ESG経営に積極的に取り組むことで、投資家や金融機関から「中長期的な成長が期待できる企業」とみなされるようになり、資金調達の話を有利に進められるようになるということです。

世界的にESGが浸透すればするほどこの傾向は強くなっていくと考えられるため、いち早くESGを意識することが重要です。

大手取引先との取引継続の面(サプライチェーンのマネジメント)

サプライチェーンとは、企業が利益をあげるまでの材料調達・製造・販売といった一連のプロセス。ESGにおいて、サプライチェーンのマネジメントはS(社会)、社内体制の構築はG(ガバナンス)に該当します。

欧米のESG先進国ではサプライヤーへの要求が強い傾向があり、SDGs関連の社会的責任をないがしろにしていたために、取引停止となった企業もあるようです。

日本でも、大手取引先が自社のESG評価を上げるため、取引先やサプライヤーにもESG活動を求めるケースが増えてきています。安定した取引継続を行うためにも、ESG活動に取り組むことは有意義と言えるでしょう。

自社でESGに取り組むための
3つの方法