SDGsをビジネスに組み込むなら【企業のためのSDGs大全】 » 【SDGs×ビジネス】今、企業が知るべき基礎知識 » CSR、CSVとは

CSR、CSVとは

持続可能な社会を作るために欠かせないSDGs(持続可能な開発目標)ですが、この目標を達成するために必要なのがCSR・CSVです。

ここでは知っておきたいCSR・CSVの違いと、CSVに基づいた経営戦略について詳しく解説していきます。

CSR、CSVの概要&違い

CSR

CSRとは、Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)の略。これは、企業は単に利益だけを追求するだけでなく、すべてのステークホルダー(消費者・従業員・株主など)や環境に対し、社会の一員として説明責任を果たす必要があるという考え方です。

環境問題への配慮・社会的弱者の救済・コンプライアンスの遵守・労働環境の整備など、一般的に直接利益を生まない活動を指します。

CSV

CSVとは、Creating Shared Valueの略で、共通(共有)価値の創造という意味。アメリカの経営学者、マイケル・ポーター博士によって提唱された概念です。

CSRは利益を度外視してSDGsが掲げる社会課題の解決に取り組むものですが、CSVは社会課題をビジネスチャンスととらえるのが特徴。事業を通して社会課題の解決を図りながら、利益を獲得することを目的としています。

CSVに基づいた経営戦略とは

製品と市場を見直す

CSV経営とは、自社の事業やサービスを通して社会課題の解決を図るものです。

このCSV経営のためには、まず社会がどのような課題を抱えているのか、まだニーズが満たされていない市場はどこなのか、といった部分に関心を持ち、幅広くリサーチすることが大事。

そのうえで、自社の技術力・サービスを用いて課題を解決することはできないか、どのような製品を開発したら社会課題の解決につながるのかを検討していきます。

バリューチェーンの生産性を定義し直す

バリューチェーン(価値連鎖)とは、購買物流・商品製造・出荷・マーケティング・販売・アフターサービスの提供といった事業活動で、利益をあげるまでの一連のプロセス。

CSVでは社会課題の解決を前提に、自社のバリューチェーンの見直しを行うことを提唱しています。たとえば、生産性を高めるために製造工程を改善することで二酸化炭素の削減を図る、供給不足による材料の原価高騰を防ぐために新しい調達先を見つける、といった取り組みです。

事業活動の拠点となる地域を支援するクラスターを作る

CSV経営を実現するには、産業クラスターを作ることも重要です。産業クラスターとは、支援企業・仕入先などのサプライヤー・公的機関・大学の研究機関などが、一定の地域に密集した状態を指します。

1社のみでCSV経営を実現することは困難であるため、まずは地域にある中小企業・研究機関などとかかわりを持ち、地域に産業クラスターを創出しましょう。これにより、1社だけでは実現できない社会課題の解決にも、積極的に取り組めるようになります。

SDGsをビジネスに取り入れる
3つの方法を見る