SDGsをビジネスに組み込むなら【企業のためのSDGs大全】 » SDGsで解決できる企業の悩み・課題 » 地域創生

地域創生

2014年に始まった地域創生(地方創生)は、地方の人口減少・少子高齢化を改善し、日本全体の活力を向上させることを目的としたプロジェクトです。ここでは、企業が地域創生に取り組む意義についてご紹介していきたいと思います。

企業が地域創生に取り組むことで叶える4つのニーズ

地方でのビジネス展開(プロフェッショナル人材事業)

地域創生とは、都心への人口集中・少子高齢化といった問題に対応するため、地方を活性化させて人口流入を増やすための施策です。

地方に新たな雇用を生み出し、「ひと」と「しごと」をうまく循環させていくためには、地域を支える企業が新商品開発・事業革新などにチャレンジしていく「攻めの経営」にシフトすることが不可欠。そんな「攻めの経営」へのシフトを後押しするのが、プロフェッショナル人材戦略事業です。

これは、地域のプロフェッショナル人材戦略拠点を通し、新規事業の立ち上げ・販路開拓などに必要な人材を紹介するという事業。地方企業はプロフェッショナル人材の力を借りることで、より積極的な事業へのチャレンジが可能となります。

参照元:内閣府公式HP(http://www.pro-jinzai.go.jp/)

地域・社会の発展に貢献できる(ブランディング)

地域創生のひとつの柱として、注目されたのが観光業。観光を通して地域の「稼ぐ力」を引き出し、地域への愛着と誇りを育む「観光地経営」のナビゲーション役として設立されたのが、観光地域づくり法人です。観光地域づくり法人は、Destination Management/Marketing Organization の頭文字を取り、DMOとも呼ばれます。

観光地域づくり法人は、宿泊業・飲食業・農林漁業・交通事業者など、多様な関係者が個々に行ってきた観光振興を、一元的に担うことでインバウンド中心の観光客を地方へ誘致。交流人口を増やすことで「稼ぐ力」を引き出し、地域の活性化を目指しています。このDMOに登録することは地域・社会の発展への貢献はもちろん、企業のブランディングにも役立つと考えられます。

参照元:国土交通省観光庁公式HP(https://www.mlit.go.jp/kankocho/page04_000048.html)

地方創生にSDGsの考え方は不可欠!
SDGsとビジネスをつなぐ
3つの方法とは

さまざまな働き方を提供したい

少子高齢化に伴う労働人口の減少、育児・介護と仕事の両立など、労働者のニーズが多様化するという課題を抱える日本。そんな課題を解決し、柔軟に労働スタイルを選択できる社会を実現するため、令和3年に内閣府地方創生推進室が打ち出したのが地方創生テレワーク交付金です。

これは、テレワークを活用した地方への移住、在宅勤務・モバイルワークの推進、サテライトオフィス等の開設などを交付金によって支援することで、地方への新しい人流創出を図るもの。勤務時間や場所に柔軟性を持たせることで、これまで育児・介護などを理由に仕事をセーブしていた人が仕事をしやすくなるほか、企業も人材を確保しやすくなるというメリットがあります。

地方での幅広い経験を積ませられる

日本では、三大都市圏の人口が増加している反面、地方の人口は著しい減少傾向にあります。それを踏まえ、総務省は地域活性化起業人(企業人材派遣制度)を推進。これは、三大都市圏にある民間企業等の社員が、そのノウハウや知見を活かして地方公共団体で一定期間業務に従事するものです。

これにより、地方公共団体は「民間企業が蓄積したノウハウや専門知識を活用する」「外部の視点や感覚を得て、スピード感を持った取り組みを行う」ことが可能。民間企業側は、「社員に多彩な経験を積ませることができる」「新しい形での社会貢献ができる」「地方における新規事業の拡大チャンスを得られる」といったメリットを得られます。